So-net無料ブログ作成
検索選択

WESTWEST [kayak]

驚 怒 憤

WESTWESTのできる前は「ラインパークおおぼけ」というレストランがあり、今のサンクスの所から吉野川へ自由に下りることができた。

サンクスがその道をふさぐようにできたわけだ。
そして、車が下りられるあの立派なスロープができた。

個人が楽しむためではなく、企業活動のために作ったわけだな。
そして一般客を規制する。

川は、みんなのものだ。
自由に下りられるのが普通だろう。

有料

なんなんだ!

もう少し上流へ行けば、道の駅大歩危(元ラピス大歩危)がある。
これからは、こっちを積極的に利用しよう。




nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 3

コメントさせて頂きます。

Westの管理人ですが、Webから失礼します。

こちら側からご説明させて頂きます。

旧大歩危観光のラインパークは、経営不振で倒産致しました。

観光地に荒廃した建物を置いたり、観光以外の物を立てられたら困るということなので、町関係者の意向もあって、西村建設が進出させて頂きました。

私どもは、三好市で数代に渡り住んでいるもので、吉野川と剣山国定公園のすばらしさを多くの人に知ってもらうためとラフティングやカヌーの魅力を知ってもらいたく、West-Westを創設しました。


ラフティングのボートを安全に川に降ろすためには、道路が不可欠です。崖を降りていくことは、危険が伴い、安全なツアーにするためには必要と思いこのスロープを建設しました。そのため、現在、7社のカンパニーが道路を使用していただいています。


一企業として、営業していますが、この売上げの一部は吉野川の環境保全に使わせて頂いています。例えば、大歩危リバーフェスティバルの鮎の放流や河川の清掃などです。

川はみんなのものですが、川に安全に降りる道は費用がかかります。景色を楽しむ展望デッキも費用がかかります。トイレ経費も道の駅ではありませんので、全部自社の経費でまかなっております。待ち合わせに使っていただいてる駐車場も固定資産税を年間240万円三好市へ支払っております。


私達は吉野川を心から愛し、ここに来てくださるお客様に最高の空間・商品・サービスを提供できるように、West-Westを運営しています。

みんなで、美しい吉野川の環境を守り、楽しく川遊びができるようにしていきませんか?

重ねて、私どもが住んでいる三好市を過疎化や限界集落から脱する為に少しでも多くの観光客にきて頂き、活性化していきたいと切に望んでいます。

その為にはただ私どものコンビニに人が入って頂いて、売上げが上がるだけでなく、大歩危小歩危に訪れて良い思い出を作っていただけるために、施設内に今年の春から、Wi-Fi環境を整備しました。

次は観光客の皆様に不便を感じさせているATMの設置も視野に入れております。これはここを訪れている観光客の皆様から要望がありましたので、少しずつでも実現できるよう、努力しております。

長文になりましたが、私たちの理念と有料スロープに関しては、ご理解いただけたらと思います。

失礼致します。




by コメントさせて頂きます。 (2011-05-02 23:39) 

ハル

WESTWEST、立ち寄りました。
有料展望台ということで期待しておりましたが、期待外れでした。
普通は展望台といえば眺望が開けるのですが、そういうこともなくガッカリでした。
こういう商売をしている方で駐車場の固定資産税240万円がとか言われる方がいらしゃるというのは驚きです。
WESTWESTで検索すると出てきましたので、一言コメントさせていただきました。
by ハル (2011-05-08 22:40) 

通りがかりの人

数ヶ月ぶりに通りがかり、立ち寄ったものです。
高知向けの際、クルマ、バイクでよく利用させていただいておりましたが、
展望デッキとトイレが有料なる案内板を見て愕然としました。
土曜日曜など普段なら、駐車場にあふれるばかりのクルマ、バイクが、閑散としていた理由が理解できました。
今まで、利用させていただいておりましたが、もう、二度と立ち寄ることはないでしょう。
トイレ、駐車場を無料で使わせていただいたお礼として、モンベルやサンクスでの買い物をしていましたが、これからは、数キロ先の道の駅を利用させていただきたいと思います。

高速道路1000円が終焉をむかえている今、R32も交通量の増加が見込まれますので、考え直されることをおすすめします。
by 通りがかりの人 (2011-06-05 18:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL: