So-net無料ブログ作成
検索選択
旅行等 ブログトップ

黒部へ [旅行等]

黒四ダムが見たいということで妻とツアーで出掛けました。

鴨島5:45発で徳島・松茂で人を乗せ、鳴門で高松から来たバスに乗換、淡路島でも2個所で人を乗せて、山陽・中国・名神・北陸自動車道を走り黒部峡谷を目指す。

黒部峡谷鉄道宇奈月駅へ到着。
1トロ140711.JPG
トロッコ電車で黒部川を上流へ
2トロ140711.JPG
3トロ140711.JPG
4トロ140711.JPG
関電の冬季歩道、20kmくらいあるらしい。歩くと6時間くらかかるとのこと。
線路と平行してずっとあるのだ。
トンネルの中にはなく、トンネルの入口と出口付近につながっている。
5トロ140711.JPG

関電マークのついた貨物車が連結されているものもあり、荷物を運んでいた。作業員だけが乗っている電車も走っていました。
最高速は25km/H、平均17km/Hと言っていたように思う(間違っているかも)
車内放送(ナレーション)は室井滋でした。
どうも、終点より上は関電専用の交通機関があり、黒四ダムまで行っているらしい??


富山 小川温泉ホテルおがわで宿泊。
6宿140711.JPG
7宿140711.JPG
部屋広い。妻と2人なのに!
8宿140711.JPG
温泉の露天風呂。檜風呂です。
10宿140711.JPG
湯船の端に温泉成分が幾層にも重なっている。
11宿140711.JPG
外にも岩風呂とかいろいろありました。
ひと風呂浴びて部屋で、また飲酒です。
9宿140711.JPG

2日めは、6:45発

立山駅へ
12黒140712.JPG
13黒140712.JPG
美女平からは、高原バス
この道路は一般車両は走ってないような感じ、バスとしかすれ違いません。

室堂では、まだ雪が多く残ってました。
14黒140712.JPG

トロリーバスで地下トンネルを大観峰へ
15黒140712.JPG
立山黒部光なのだ。

ダム湖が見える。ここからは、ロープウェイだ。
16黒140712.JPG
上から来たのだ。
17黒140712.JPG

黒部平からはケーブルカーで黒部湖へ。全てトンネルの中でした。
18黒140712.JPG

黒四ダム、壮大だ。
19黒140712.JPG
20黒014712.JPG

ここで飲んだのが、ハサイダー。破砕帯と掛けているみたい。
21黒140712.JPG

トンネルの中をトロリーバスで、扇沢へ。
22黒140712.JPG

ここで、立山で別れたバスと再会。回送に4時間くらいかかるらしい。自家用車では、ちょっと難しいなぁ。

ツアー会社は、あなぶきトラベルでした。
どこの会社でも、いいと思っていたのは、私。
妻は、宿泊とかいろいろ比較して選んだようです。
ホテルも結構良かったし、あなぶきトラベル、コスパ感高し。お勧めです。
添乗員のとくちゃんも良かったし。

持っていたカメラですが、防水のデジカメです。
気密性が高いので、急激に高度を上げ、気温が下がったため、内側が曇ってしまいました。
レンズと液晶が内側から曇り、復活するまで時間がかかりました。
写真をと思いましたが、写せません。当然です。

1泊2日では、これが限界でしょう。もう1日あれば・・・

立山黒部アルペンルートは制覇できたので、満足です。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

海上高世界一へ? [旅行等]

先日、海上の建造物としては世界一だと思える場所へ行って来た。
(世界一かどうかは、確実ではありませんが・・・)

まず、昼食ということで、妻がABCの三代澤アナとのコラボハンバーグが食べたいということで、びっくりドンキーへ。(徳島には、びっくりドンキーはないのだ。)
神戸垂水店が近くにあった。
ドンキー2.JPG
浪速紅しぐれハンバーグと豆乳みそ汁
ドンキー1.JPG

その後、明石海峡大橋のすぐ下にある橋の科学館へ行き、ツアー開始。
外国人の方が3分の1ほど参加していた。
3分の1が外国の人とは凄いものです。

通常の観光ルートから、保全用通路へ。
1ツアー開始.JPG
2橋下.JPG
3橋下.JPG

1kmくらい歩いて、主塔下部へ到着。
4主塔下.JPG

主塔内へ。船へ乗りこむみたい。
5主塔下.JPG

エレベータ。ここが17階、一番上は98階だった。
6主塔下EL.JPG
7主塔下EL.JPG

52階で一旦止まります。ガッツンと振動がしますが、それで正常です。との説明があり、その通りだった。
300mくらいあると、ワイヤーの重さとかあって、何らかの細工が必要なのだろうか?
と思っているうちに最上階に着いた。かなり早い。
それと、主塔が斜めになっているので、エレベータも少し斜めになっているらしい。

電動で扉(蓋かも)が開き、塔頂部へ上がる。結構広い。
8主塔上.JPG
神戸側
9神戸側.JPG
淡路側
10淡路側.JPG

ほぼ、360度の視界が広がる。
建造物の展望できる高さでいうと、日本でも上位に入るだろう。
東京タワーの展望台より高いしネ。

11主塔上.JPG
下を見ると
19主塔上.JPG
12主塔上.JPG
13主塔上.JPG

こんな高いところで、外へ出れるところはあまりない。
ガラス越しに見るのではないのだ。

広い保全通路を車が走っていた。
14車.JPG

不思議な階段があった。使い方は?
15何故.JPG

見学用通路へ復帰。
16ツアー終了.JPG

先ほど追い越して行った車が出てきた。
17車.JPG

で、ツアー終了。

明石海峡大橋で、上ったところを見ながら帰る。
18橋下.JPG

このツアー、結構お勧めです。


30年以上前、神戸に勤めてた時、毎日電車で通っていました。
あの頃は何もありませんでしたが、でっかい物ができたものです。

その時、この辺を車でも走ってましたが、今は風景が変わり過ぎてよく分かりません(笑)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

見学 [旅行等]

伊方原発の見学に妻と行って来た。

バスの休憩で吉野川SAにて知人のカヤックを積んだハイエースを見て、漕ぎたいと思ったりしたが・・

途中、愛媛総合科学館を経て伊方原子力発電所へ到着。

伊方1308171.JPG
伊方1308172.JPG

翌日は、本川水力発電所の見学へ。

ここは、揚水発電所で、地下300mにある。
バスで地下トンネルを走る。トンネルは1kmほど。

予備の水車に触れる
本川1308181.JPG
水車と発電機をつなぐシャフト、直径1mくらいある。
本川1308183.JPG
赤丸の所だ。上が発電機で下が水車
本川13081822.jpg
地下発電所は広い。この下に発電機と水車がある。
本川1308184.JPG
見学が終わり、バスへ。
本川1308185.JPG

揚水発電も伊方が動いてないので、最低限しか動かないとのことでした。
そういう訳で今は、ほとんど動いてないようです。
夜間の余った電気で水を上げ、昼間の電気の足らない時に発電する。ということで、揚水(水を汲み上げる)すればするほど油を炊くことになるので。
原発が稼働してない今、火力発電の燃料費は1日に3億円プラスとのことです。
年間1千億、赤字になるはずだ!


2日間の見学で、松山へ泊まったので、松山でMRさんと飲みました。
ということで、今週はカヤックなしでした。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
旅行等 ブログトップ